静脈瘤(下肢静脈瘤)、むくみ(浮腫)について

静脈瘤(下肢静脈瘤)は、静脈が張りを失って伸びきってしまい、腫れて紫がかった色合いとなり、皮膚に膨らみを作るばかりか、皮膚の表面に血管が浮き出てきてしまう、痛みを伴うばかりか、外観を損ねる異常な症状です。

むくみ(浮腫)は、血管の壁が弱くなって張りを失い薄くなり、血液の様々な成分を血管内に留めておくことが出来ずに、漏らしてしまうことにより起こります。漏出した水分が貯まって作られた膨らみがむくみ(浮腫)で、水分が異常に蓄積した状態です。

どちらも男性より女性に多い症状です。そして、どちらも生活習慣や食生活により、血液の巡りが滞ることによって起こるのではないかと考えられています。

同じ姿勢を続けるデスクワークの多い方や、運動不足の方、脂分の多い食事を取る方などは要注意です。ふくらはぎの筋肉・血管が正常に働かなくなり、血液が同じ場所に留まり、溜まってしまい、その結果、静脈瘤(下肢静脈瘤)、そしてむくみ(浮腫)が起きてしまうと考えられています。

複数の研究成果により、OPCを摂取することで、静脈瘤(下肢静脈瘤)が改善することが分かっています。OPCの力により、静脈が強化され、引き締まって弾力を取り戻し、皮膚に突出していた出っ張りや色合いが、元の正常な状態に戻るのではないかと期待されています。

また、OPCを摂ることにより、毛細血管の壁が強化され、まだ知られていないOPCの生物学的な作用により、むくみ(浮腫)も改善されることが分かっています。

このページの先頭へ