喘息、花粉症などのアレルギーについて

アレルギーとは免疫反応が自分の体にマイナスに働いてしまう病気です。

私たちの体には、体にとって異物であるもの(抗原またはアレルゲン)が体内に入った時、それに対抗する物質(抗体)を作って、抗原を排除するシステムが存在します。

このシステムの反応を抗原抗体反応とか免疫反応といいます。これらの反応は、抗原に対して適切に機能すれば、「生体防御」ですが、過剰に反応し、生体防御の範囲を逸脱した場合、アレルギーとなり過剰な反応を示すのです。

多くの人が異常な反応を示さない物質に対し、アレルギー体質の人は過剰に異常な症状や反応を示してしまう特別な体質なのです。

アレルギーの原因には偏食や、摂取栄養物の変化による食生活、そして大気汚染や化学物質などによる住まい環境の変化などがあると言われています。しかし現段階では、明確なアレルギーの原因は解明されていません。

アレルギーはヒトの免疫添加アレルゲンと呼ばれる抗原に反応して作り出される抗体(IgE)が引き金となって、ヒスタミン、セロトニン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質が各種細胞から放出されて起こります。

その症状を見ると、喉や皮膚の炎症を伴う咳や蕁麻疹、ひどくなると嘔吐や下痢症状まで見ることになります。

中でもヒスタミンは花粉症やアトピー性皮膚炎など、様々なアレルギー症状と深い関わりを持ち、アレルギー予防の決め手は、いかにしてこのヒスタミンの遊離、放出を抑制するかに掛かっているといわれています。

ではヒスタミンの遊離はなぜ起こるのかというと、免疫細胞の一つであるマスト細胞内にある小さな胞が、ヒアルロニダーゼという酵素によって破られるからです。

このヒアルロニダーゼという酵素の活性を抑え、マスト細胞からヒスタミンが放出されるのを防ぐ成分として有効なのではと期待されているのが、OPCです。OPCはヒスタミンの遊離を抑制し、アレルギー症状を抑える作用があると期待されているのです。

現在アレルギーの治療はほとんどが医薬品に頼っており、抗ヒスタミン剤やステロイド剤、気管支拡張剤などが主流になっています。これらの医薬品は眠くなったり、高血圧、糖尿病、体重増加、免疫抑制、骨粗鬆症などいろいろな副作用が問題になっています。

それに比べ、OPCは天然の食品素材なので、副作用の心配はないと言われています。

このページの先頭へ