OPCについて

OPCは、1947年にフランスのジャック・マスケリエ博士がポリフェノール中の有効成分として発見、分離に成功した成分ですが、日本ではまだあまり知られていないようです。しかし欧米では、50年以上の歴史があるOPCは安全性と有効性が多くの科学者による臨床実験によって立証されています。

以下の書籍にジャック・マスケリエ博士やOPCについて、より詳しく書かれていますので是非ご覧になって頂きたいと思います。

参考文献:
・「21世紀の生体防御物質OPC」/バート・シュビッタース、ジャック・マスケリエ著/フレグランスジャーナル社刊
・「奇跡の食品」/ジーン・カーパー 著(丸元淑生 訳)/角川春樹事務所出版

この中からちょっとだけ抜粋しますと、

・赤ワインの血管保護作用と抗酸化作用は主に、OPCによるもの。
・現在知られている限り、最も強力な抗酸化物質
・ヨーロッパでは40年間の研究と歴史
・フランスでは、OPCが静脈瘤に対して真っ先に使われている
・浮腫、眩輝、夜盲、黄斑変性、関節炎、花粉症、アレルギー等にOPCの恩恵が期待
・抗酸化物の権威、ネブラスカのハーマン博士は「老人性円板状黄斑変性」にOPCを利用。「OPCは目の血管系での進行を局所で止める」と絶賛
・ディクソン博士は自分自身の白内障と黄斑変性が止まり、自分の患者全員に効果があったと報告
・ハンガリーの著名は科学者ミクロス・ガボール博士は高血圧を改善する助けになることを実験済み
・ドイツのミュンスター大学薬理学教授ペテル・ローデバルト博士は、OPCが高血圧の引き金となるストレス反応によるエピネフリンの分泌を減らすことを確認。
・動物実験では、始めにOPCを与えてくと脳卒中による脳のダメージがはるかに少なくなることを確かめている。
・ヨーロッパでの多くの研究ではOPCがヒスタミンの放出を押さえる事が明らかにされ、花粉症、アレルギー性鼻炎の人にとって朗報。
・ジャック・マスケリエ博士はコラーゲンとエラスチンの合成と成熟を助ける、と説明
・臨床試験でも副作用の報告はなし
・家族に脳出血や糖尿病の病歴がある人にもOPCの恩恵が期待される
・アリゾナ大学のワトソン博士は、OPCが血小板の凝集を正常化し血栓の形成を防ぐことを確認
・オクラホマ州の心理学者シガードソン博士(注意欠陥障害(ADD)治療の専門医)は、ADD患者に対してOPCによる症状の改善効果を確認

などなど、OPCはすばらしい働きをしています。

このページの先頭へ