肌の老化(しわ、しみ)、美肌について

肌のしわが出来る原因は、肌の乾燥や活性酸素などいくつか挙げることはできるますが、一番の原因は太陽光線に含まれる紫外線の影響です。

健康な肌の真皮では、コラーゲンがしっかりと集まって束を作り、真皮の支柱役をになっています。また、その間をエラスチンがゴムのバネのように張り巡らされています。

ところが、紫外線にあたるとコラーゲンは小さく切断され、エラスチンを変性させる酵素が分泌がなされます。そして、皮膚が弾力を失ってたるみ、しわとなるのです。

女性にとって、もう一つの肌の悩みにしみがあります。これも紫外線の影響を受けた現象で、日焼けはしみの大きな原因です。

肌に紫外線が当たると、メラノサイトと呼ばれる細胞が黒い色素(メラニン色素)を作り出します。これが肌を黒くする日焼けですが、普段はこのメラテノ色素は紫外線からコラーゲンなどを守るバリアの働きをしています。

しかし、過度に紫外線を浴びた肌は、メラノサイトがメラニン色素を過剰に生成して、皮膚の新陳代謝である表皮から紫外線を浴びて老化した肌を剥離しないばかりか、メラニン色素まで真皮に残してしまいます。これがしみです。

OPCはビタミンCの働きを助け、コラーゲン生成を促進し、皮膚の弾力性を担うエラスチンに直接結合して皮膚の細胞組織を再構築して、肌を元の状態に戻す働きもあるとされています。

またOPCは、エラスチンの分解酵素であるエラスターゼの働きを抑えて、エラスチンの分解を抑制する働きがあります。

コラゲナーゼ活性を抑えエラスチンの分解を抑制するOPCは、張りのある弾力に富んだみずみずしい肌に促つのに役立ちます。

一方、紫外線によるメラニン色素の生成は活性酸素によって促進されますので、活性酸素を除去する働きのあるOPCはしみの原因となるメラニン色素の生成と沈着を予防することが期待できます。

このように女性の美容の敵である、しわやしみの予防効果があるとされるOPCは、女性にとってまさに「飲む化粧品」といえます。

このページの先頭へ